金融・不動産

「署名と記名」「手形と小切手」の違い~『ナニワ金融道』の内容を理解したい!②

「ナニワ金融道」という漫画について、名前を知らないという人はほとんどいないのではないでしょうか。

「勤めていた会社が倒産した主人公が、いわゆるマチ金である帝国金融に入り悪戦苦闘しながらも大阪一の金融マンを目指す。」という話で、ここだけ聞けばいい話に聞こえなくはないのですが、実際はかなりエグい内容になっています。

マチ金なので当然お客さんは借金をしに来ますし、貸す側の帝国金融も相手が返せなくなるのを前提に土地を担保に取ったり、保証人を付けるなどしていかなる手段を使っても回収しようとします。

子供のころ読んだときは内容が難しくてよくわからなかったのですが、大人になって読み返してみると生きていくうえで重要となる教えや、覚えていて損はない知識などが盛りだくさんであることに気づきました。

そこで、このシリーズでは「ナニワ金融道の内容を全て理解したい!」と称して、ナニワ金融道に出てくる金融用語について調べています。

今回は、第1話において主人公の灰原達之が就活先で受けた試験問題の「署名と記名」「小切手と手形」の違いについて解説していきたいと思います。

 

 

前回の記事では、第1話の冒頭に出てくる「手形・手形割引・不渡り」について解説しています。

↓↓

「手形・手形割引・不渡手形」~『ナニワ金融道』の内容を理解したい!①

 

「署名」と「記名」の違い!

出典:ナニワ金融道 第1話

↑上の画像は第1話で灰原が「全部できる」と言っていた入社試験の問題です。

私にはさっぱりわかりませんでした...

署名・・・本人が自分の名を書類などに書くこと。また、その書かれたもの。

記名・・・氏名を書き記すこと。

出典:デジタル大辞泉

これだけでは違いが分かりづらいのですが、なんとなく署名は自分で書くようなニュアンスがあります。

詳しく調べてみたら、辞書の通り「『署名』は本人が自分の氏名を手書きで書くこと」であり、「『記名』は署名以外の方法で自分の名前を書くこと」を意味するようです。

署名以外の具体的な方法として、ゴム印を使用したり、パソコンで入力したり、他人が代書することなどが挙げられます。

法律的には 「署名」 が第一に求められていますが、「記名」に「押印」することで「署名」に代えることができるようです。

なので、本来は「署名」したものには自分の筆跡が残るので「捺印」する必要はないのですが、日本はハンコ文化がまだまだ根強いので「署名」したものにも「捺印」しているということです。

ちなみに...

調べていく中で、「捺印」と「押印」という言葉が出てきました。ひょっとしたら、灰原が受けた試験の何問目かにこの違いを答えさせる問題があったかもしれませんね。

どちらも違いはないようですが、印鑑を押すものが「署名」であれば「捺印」「記名」であれば「押印」と呼ぶようです。

 

「小切手」と「手形」の違い!

出典:ナニワ金融道 第1話

続いて、小切手と手形の違いについて調べてみました!

小切手・・・銀行に当座預金をしている者が、支払人である銀行にあてて、一定の金額の支払いを委託する一覧払いの有価証券。現金に代わる支払手段として利用される。

手形・・・一定の金額の支払いを目的とする有価証券。

出典:デジタル大辞泉

手形は前回の記事で説明した通りです。小切手は何やら難しい言葉がたくさん出てきています。

小切手と手形の決定的な違いは、小切手はすぐに現金化できるのに対して、手形はすぐには現金化できないという点にあります。

小切手を受け取った受取人は、自分の取引銀行に小切手を持ち込むことによりすぐに小切手を現金化することができます。(振出日の翌日から10日以内という期限もある!)

逆に、小切手を振り出す振出人は、小切手を振り出す際はその時点振り出す金額が銀行に預けてある必要があります。

手形の受取人は、取引銀行に取り立てを依頼して、手形の支払期日に現金が振り込まれます。

手形の振出人は、手元に現金がない状態でも手形を振り出しておいて、支払期日までに現金を用意すれば問題ないということになります。

 

小切手が使われる理由として、大量の現金を持ち歩くと不便であったり危険であることなどが挙げられます。

それに対して手形は、手元に現金が少ない場合や現金をなるべく残しておきたい場合などに使われることが多いようです。

なので、この2つは一定の金額を支払うという目的は同じであるものの、用途はかなり違うように思えます。

 

ちなみに、ナニワ金融道には小切手はほとんど出てこなくて、手形ばかりが出てきます。

やはり金融漫画なので「手形が不渡りになる→そこからいかに回収するか」が大きなドラマとなるので手形がよく出てくるのでしょうか。

 

まとめ!

第2回である今回は、灰原が蜂蜜商事で受けた試験問題について調べていきました。

こういった問題をスラスラ解き「カンペキだ」とまで思える灰原はしっかり勉強していったんだなと思います。

残念ながら灰原は蜂蜜商事に不採用となり、その後も多くの不採用を経て最後の挑戦と帝国金融を受け、あれよあれよという間に追い込みの現場に行くこととなります。

次回はその中で出てくる「連帯保証人」と「保証人」の違いについて調べていきたいと思います!!

↓↓

「連帯保証人」と「保証人」の違い~『ナニワ金融道』の内容を理解したい!③

 

※このブログはあくまで個人の学習の記録となります。参考までにお使いください。

-金融・不動産

Copyright© ななころガル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.